チャンピックスとは禁煙補助薬

喫煙しながらタバコをやめる

タバコをやめたいと思っていても、タバコには中毒性があるため、そう簡単にはやめられません。

いきなり吸わなくなると余計なストレスを抱えることになり、体調を崩してしまう可能性もあります。また、禁煙に失敗してしまうリスクも高いです。禁煙に挑戦しようとしているときは、無理のないペースで取り組みましょう。

禁煙方法としてはタバコ以外のものに切り替える方法が注目を集めています。

特に、薬を上手に活用して禁煙を目指すのが効果的です。

禁煙治療薬として、たとえばチャンピックスが挙げられます。

チャンピックスは、一般名はバレニクリン酒石酸塩となっています。チャンピックスの大きなメリットは、最初から完全な禁煙をする必要がないことです。また、ニコチンを含まないという点も大きな特徴だといえます。

まずは喫煙をしながら、チャンピックスを飲み続けていきます。
薬に慣れてきた時点から禁煙できるというのもチャンピックスの意義と言えるでしょう。

チャンピックスの効果は喫煙欲求の軽減と若干の満足感

ヘビースモーカーの場合、いきなり全く吸わなくなると体調を悪化させます。

自分の意志だけでタバコをやめるのはほぼ不可能なので、上手に禁煙補助薬を使うようにしましょう。

最初から全く吸わないようにする人と、薬を飲みながら少しずつ減らそうとする人とでは、後者の方が成功しやすいといえます。

ただし、成果には個人差があることにも注意しなければなりません。

他の人が成功しているからといって、同じように自分も成功するとは限らないのです。

しかし、用法用量を守りながら薬を飲み続けていけば、少しずつ成果が出てくる可能性は高まります。

禁煙補助薬のチャンピックスは、ニコチンが体内に入ることでドーパミンが放出される点に着目しています。

ドーパミンが放出されることで快感につながるのです。

チャンピックスを飲むと少量のドーパミンが放出されるため、ニコチンへの欲求が軽減できます。

また、同時にタバコをまずく感じさせる効果もあるのです。

チャンピックスの飲み方と用法について

チャンピックスの飲み方は服用開始7日目までは、使用する錠剤は0.5mg錠で、1日1錠服用します。3日目までは1回ですが、4日目からは朝と夜の服用目安で2回、食後に飲むようにします。

0.5mg錠の服用期間は1週間で、8日目からは1mg錠を朝晩の2回服用するのです。11週間続けるスケジュールです。

肝臓疾患や精神疾患がある場合は、服用を開始する前に医師に相談しましょう。飲み合わせにも注意が必要であり、禁煙補助薬のニコチンを含むものとの併用はできません。

医薬品を利用したことで、アレルギーが出たことがある人は、医師や薬剤師にその旨を伝えましょう。

バレニクリンに過敏症のある場合は、初めから使用をするべきではありません。

うつ病や双極性障害に統合失調症を患う人、血液透析を受けていたり、重度の腎機能障害の人なども、医師に相談しましょう。

ワルファリン類の抗血液凝固剤を服用中であったり、H2受容体拮抗剤などを使っている人も使用には注意が必要になります。

チャンピックスの用法

チャンピックスの場合は2種類の錠剤に禁煙に成功をする秘訣があります。

スケジュールを守り利用をすることが大切です。飲み始めてから7日までは0.5mg錠を守ります。それ以降になると1mgになるので、この点も間違わないようにします。

段階的にタバコを止めるための重要な役割があるので、このステップを守りましょう。

治療期間の目安としては12週であり、およそ3か月間のあいだ服用を中止したりしないで、継続的に飲み続けます。

これこそがチャンピックスを終了してから、煙草と縁を切る生活を長続きさせるためにも重要です。

最初は煙草を吸いたい気持ちが強く出ても、やがて吸わなくてもいられます。

開始から1週間までは、吸いたい願望が頭をもたげた際に、我慢をする必要はありません。

喫煙欲求は服用を継続するうちに、次第に自然に和らいでくるためです。

強迫観念的な、煙草は一切吸ってはいけない、辛い気持ちで痩せ我慢をする必要がありません。

喫煙欲求は自然に減っていきますので、チャンピックスの継続は無理のない禁煙成功の秘訣です。

タイトルとURLをコピーしました